site map

ホテルニューアワジ

ホテル ニューアワジ

ホテルニューアワジについてご紹介したいと思います。
ホテルニューアワジをご利用になった経験がおありでしょうか?

関西では、「洲本温泉ホテルニューアワジ〜」のCMソングで大変有名なんですよね。フェリーで車ごと行く事も可能です。

さて、この洲本温泉ホテルニューアワジの特徴としては、やはり景色ですね。淡路島東海岸随一の景勝地「古茂江海岸」にそびえ立つ海辺の宿、特に庭園風露天風呂、展望大浴場、屋上貸切露天風呂から展望する瀬戸内海の夕暮れと夕日、片わらにワインでもあれば最高ですね。そして、全館紀淡海峡に面し、海の大パノラマをご覧いただけますよ。

最近このホテルニューアワジでは、2006年7月に新スパ「淡路棚田の湯」がオープンし、淡路島の棚田をイメージした三段からなる棚田の湯では名湯「洲本温泉」や自家源泉のにごり湯「古茂江温泉」、淡路の竹炭を使った「竹炭の湯」の3つの異なる湯を一度に楽しむことができます。

一粒で三度美味しい訳ですね。特に、敷地内に源泉がある「古茂江温泉」(こもえおんせん)は、海と大地のミネラル分をたっぷり含んだ赤湯(ナトリウム−塩化物強塩泉)で、通常の温泉では味わえない湯上がり後のスベスベ&シットリ感が特徴なんですね。特に女性にお薦めですね。

更に、淡路島には、お国自慢の海の幸・山の幸に恵まれ、美味しいものがたくさんあります。
それは関西屈指の漁港「由良」の港。「由良」には、活きの良い四季折々の海の幸があがります。そして淡路島といえば、実は知る人ぞしる黒毛和牛の名産地でもあります。「但馬牛」を素牛として長年に渡り計画的な交配で改良に改良を重ねた結果、名だたる 神戸牛や松坂牛の素牛となるまでに至ったそうです。

ホテルニューアワジで、特に女性にお知らせしたいのが、豊富なメニューを取り揃えた充実のリラクゼーション&スパなんです。これは本当に素晴らしいですよ。

トリートメントスパ「こもえ」は、スイス発の高級アンチエイジング化粧品「セルコスメ」を使ったトリートメントがメインサービス。他にも、蘭の花を贅沢に使ったフラワーバスメニューや、ダイエット酸素カプセルメニュー、ゲルマニウム温浴など、あらゆるニーズやお悩みに応えてくれるようです。それぞれにカウンセリングしてくれ、特別メニューも用意することも可能らしい。また、女性同士のペアエステはもちろん、カップルでも体験が可能である。

< ホテルニューアワジ >
住所 〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷20
TEL 0799-23-2200
FAX 0799-23-1200

高級ホテル旅館から、シティーホテルにビジネスホテルまで!
旅は、あなたに、新たな出会いと発見、一生の思い出となる豊かな感性と喜びを与えてくれます。そしてちょっぴり別れの寂しさも教えてくれます。そんな旅のご案内記事はお役にたちましたでしょうか?この記事はホテルニューアワジガイド!のオリジナルによるものです。グッバイ!

<<ホテル ニュー アワジガイド!の利用規約 | ホテルニューアワジガイド!トップへ | ホテル ニュー アワジガイド!の免責事項>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
[必須入力]
URL
[必須入力]
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。